日本循環型植生技術
  協会とは

協会会員一覧

  グリーンテックス(株)
  北海道グリーン工業(株)
  (株)石田兼松八興建設
  北清企業(株)
  (株)テクノグリーン
  日本緑化工(株)

浄水汚泥・堆肥種子
  吹付工法とは


 工法の特徴
 
施工フロー
 芝根の伸長比較
施工事例 河川

施工事例 道路


施工実績
 (H12年〜H24年)
北海道の新技術活用事例集

総合的建設副産物対策


旭川開発建設部広報誌
  「でべろおぴんぐ」


北の技術情報誌 「Hint!」




〒071-8112 北海道旭川市東鷹栖東2条2丁目
グリーンテックス株式会社内
電話 0166-57-2419 / FAX 0166-57-3501
事務局担当者 : 豊島 匡孝
E-mail :toyoshima@greentex.co.jp



 「浄水汚泥・堆肥種子吹付工」、本工法開発のきっかけは、石礫砂ばかりの堤防法面を、客土吹付工で植生したところ、数10万u規模で、各工区ともことごとく失敗したことから始まります。
 植生工に携わる技術者なら、少なからず経験されていることと思いますが、吹付客土が一度、亀甲形にひび割れしてしまうと、なかなか思うように発芽成長しないという現象がおきます。 これを解決するために、旭川開発建設部様のご協力を得て5年にわたり29パターンの試験植生を続けてきた結果、得られたのが「浄水汚泥・堆肥種子吹付工(NETIS Aタイプ試行申請型)」であります。
 本工法のコンセプトは、リサイクル材を活用すること、土壌分析など科学的根拠に基づくこと、自然の摂理(生物性)を重視することであり、高品位の植生を持続させることにあります。
 浄水汚泥は、全国各地で排出されていますが、取水地域によって汚泥の性質が異なります。 河川の上流域、下流域、あるいは湖水による差異や、汚泥の元となる母岩によっても異なります。 従って、浄水汚泥発生場所によって、その地域(都道府県など)に見合ったバージョンの「浄水汚泥・堆肥種子吹付工」を確立することができます。 また、建設汚泥、しゅんせつ土、不毛土壌など有効利用にも応用できます。
 枯渇しつつある地球資源を保全するために、当技術を全国各地に提供したいと考えております。 日本循環型植生技術協会が調査、設計、施工方法など責任をもってご指導いたしますので、多くの声をお寄せ下さい。
日本循環型植生技術協会 会長

 日本循環型植生技術協会